読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーフェクトドッグ?

とある日の深夜。テレビを少し冷やかしてから寝ようと思ってチャンネルをパチパチしていると、例のごとく通販の紹介番組が・・・。

いつもなら

「ほら〜、こんなにキレイに落ちた〜」

とか

「これであなたも健康的な毎日を・・・」

などというフレーズに飽きるところだがこの日は違った。

「たった数分でこれまでの問題行動が嘘のように・・・」「これで長年憧れたより良きパートナーに・・・」

というフレーズとともに犬を連れたアメリカ人の映像が・・・。名前はズバリ、パーフェクトドッグ!

犬のしつけ本というのは、子犬用で持っていて実践を試みていたけれど、例えば散歩でリードを強く引っ張るごまの癖や、甘噛みとは言え噛みぐせには何とかしたいと思っていた。

しかし、「パーフェクトドッグか〜、なんだか映画のタイトルみたいやね〜」と笑いながら見る私たち。そのアメリカのビデオがよくあるように誇張して見えたし、日本語での吹き替えがいかにも「大丈夫」という感じを連呼するし、それにアメリカの、おそらく西海岸かそこいらの陽気な感じの作りにはちょっと抵抗もあったから、最初は半分冗談で「ごまもパーフェクトドッグにするか〜」などと冷やかしていた。

でも、我が家はビリーズブート・キャンプもやってないし、コアリズムもやってみたいと思いながらやらなかったので、「それを買ってやれなかったと思えばまあいいか〜」というノリで買ってみました。
http://www.shopjapan.jp/goods/PFD01

僕らの旅行中に届いたそれは、4枚組のDVD。早速、入門編を見てみると、犬の習性やら本能という観点で論理的にまとまっているではありませんか。

期待を持ちつつ、トレーニングリードという付属品を使ってごまと散歩をするとなんとものの3分で引っ張り癖が矯正。散歩から帰るやいなや

「パーフェクトドッグが帰ってきたよっ」

と冗談で散歩から帰る私。しかし、もしこれが続けられればすごいっ!

ごまは犬らしく大らかに育てたい、というのが我が家の方針だけれども、必要なしつけを入れておくと社会生活、例えば散歩で飛び出さないとか、興奮して人に飛びつかない、とかが徹底されてごまにとってもメリットが大きいはず。

しかしそれより、僕らとごまとの信頼関係が、犬の世界で言うところの信頼関係に近づき、それで無理なくごまも育ってくれれば・・・、という思いを強くしたのでした。

決してごまを「パーフェクトに」などとは考えてもいないけれど、おりこうさんなごまを見るのは安心するし、何しろそれで心がより通じればそれで良い。

果たしてどれくらいの効果があるかは、これからのお楽しみです。

(父)