読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めての獣医さん

2回目のワクチン接種のため、獣医さんに行ってきました。

うちに来てから外に出るのは初めてなのに、行き先は初めての獣医さん。この緊張感の連続にびびりーなごまが耐えられるか!?と心配しましたが、まずは行きの道中、徒歩数分の道のりは割と落ち着いていて一安心。

が、診察台に上がるのはさすがに怖かったらしいごま。診察と処置の間、“ぴゅーぴゅー”としきりに鳴きつつ恐怖に固まっておりました(でもそれが御しやすかったらしく、獣医さんには褒められたごま)。

そして、体温の計測中。ふと、ずいぶん目やにが出ているのに気づいてよく見ると、目の下がぐっしょり…。かわいそうに、恐怖のあまり泣いてしまったようで、見ている方も胸が切なくなりました。

終了後に抱いてあげると、珍しくひしっと抱きついてきたごま。一生懸命に目を合わせようとしていたのは、ごまも不安だったのでしょう。ずっと震えていましたが、じっとなでているうちにだんだん落ち着いて、いつもの甘え顔になってきました。こんなとき、心を許してくれているんだなあと実感します。


ワクチンによる直後の急性反応もなく、一旦帰宅。この後6時間ほどは体調が激変する可能性があるため、おうちで安静に、とのこと。まだ心配は続きます。


ワクチンの効果で体がだるいらしく、家に戻ってもはしゃぐことなく、いつになくもの静かなごま。ちょっと拍子抜けするぐらい。



陽だまりでとろんとしています。



真上を向いてぼーっとし始めたら、「眠い」のサイン。すぐ眠りに落ちます。



そのまま夜までずっと寝てばかりでした。まだまだだるそう。


今夜一晩はこの調子かと思いきや、夜21時を過ぎて徐々に元気が戻ってきたごま。いつものように引っ張りっこを始めてしまいました。



もう夢中です。



じっと目を合わせて反応をうかがい、



不意打ちの必殺腰ひねり!「今日一日は激しい遊びは控えましょう」と言われていたのに、全身体当たりの激しさ。



まだまだ遊び足りないごま。ねだっても今日はもうだめです。



まあ、特に大きな問題もなく無事にワクチンが終了して良かったです。


ついでに耳の炎症を見つけてもらったので、現在治療中のごま。来週もまた通院予定ですが、さて、2回目はどうなることやら。
(母)