読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごまの仲裁

ある日、夫のささいなひとことでムッとしてしまった私。

頭に来たので「ふんっ!」と鼻息も荒くキッチンに行ったら、「何怒ってんの!?」と夫が追いかけてきて、にらみ合い状態になってしまいました。



すると、リビングにいたごまが、「ちゃっちゃっちゃっちゃっ」とキッチンの入り口までやってきて、

中でにらみ合うパパとママを、しばしじーっと見つめ、

それからまっすぐ「ちゃっちゃっちゃっちゃっ」とママの方にやってきて、

迷うことなくパパの方を向いて、ママの足元に寄り添うように「すちゃっ!」とお座り。


そして、じーっと上目遣いにパパを見るごま。



(そのときの写真じゃないけど、こんな感じ…)


その顔はまるで

「パパ、ママをいじめちゃダメっ!」

と言われてるみたいだった、と語る夫。


足元にちょこんと座るごまに気づいて、思わず吹き出してしまい、ケンカになる寸前でにらみ合いは終了。


いじめたと思われて納得行かない夫は、

「違うんだ、ごま!怒ってるのはママで、いじめられてるのはパパの方だってば〜!」

としきりに主張してましたが、ごまは理解できたかどうか…。



ごまの仲裁は、効果絶大。

ごま目線ではどこで判断したのかさっぱりわからないけど、ママの味方をしてくれてありがとね、ごま。



いつも抱っこで甘やかしてもらってるからですかね。


(母)