読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やんちゃなごまを撮ってみよう〜

あのやんちゃなごまも、1歳と10ヶ月になりました。

最近はすっかり大人になって、遊んでも自分から切り上げるし、

おもちゃも壊す回数が減りました。(汗)

しかし、ごまも犬。釜めしダイエットも順調に進み、体が軽くなったので・・・


あいかわらず、すばしっこく動いております。


わが家では、ごまがうちにやってきてからというもの、

どうやってごまをフレーム(写真)におさめるかで、

かなり試行錯誤しました。


最初は、手ブレ防止機能のあるコンパクトカメラを使って、写真を撮りまくっていたのですが、

ごまはなかなかじっとしてくれません。

しかも、フラッシュを使うと、目が光ってしまうのです。

それに黒パグの場合は、黒い毛が白く映ってしまったり、と思うようにいきません。

デジ一(一眼レフ)も持っていたのですが、シャッター優先で撮ると何とかなるものの、それでもごまのスピードには勝てません。


いろいろ調べてみると、単焦点レンズというのがあることを知りました。それと専用のストロボですね。今使っているカメラは、こんな感じです。

単焦点レンズの良さは、レンズが明るいことです。やや専門的になりますが、このレンズはF1.8のもので、このF値が小さいほど明るいレンズと呼ばれています。

ズームレンズよりもかなり明るい写真が取れます。つまり、暗いところでも撮れるのです。しかも、ズームレンズよりも軽いし、値段もお手頃です。

単焦点レンズというのは、ズームがないので、その分、人間の方から寄っていかないといけません。このレンズは50ミリというサイズで、単焦点の中でも被写体に近寄った写真を撮ります。これで嫁を不意に撮ると、「そんなアップにして〜」とおこられたりします。(笑)

ごまが「さっ」と逃げると難しいのですが、それでも近くに寄って撮るという楽しさがあります。

さらに、明るいレンズの場合は、背景がボケやすいので、味のある写真になることもあります。ただ、焦点をしっかりと狙わないと、意図しないボケ方になります。

あのごま!でさえ、目に焦点を合わせるか、鼻に焦点を合わせるかで、出来上がりが違うことがあります。やってみると楽しいですよ〜。


次にストロボです。わが家の部屋は日中でも明るくない方ですね。それでも、日中ならストロボなしで撮れます。しかし、それが夜になると難しかったです。

カメラに付属のストロボは、光が前方にしか向きません。

そこで外付けのストロボです。バウンスという方法があって、光を天井に向けることができます。(一部できない機種があるようなのでご注意!)すると、光が壁面に反射してくるので、ソフトな光に包まれながら、シャッタースピードを維持することができるのだそうです。

カメラ用品は一般に高いという印象を持っていたのですが、このストロボは一番安いものです。しかも軽い。そして効果は狙いどおりでした!


ここまでしても、ごまが「さっ」と動いたり、「ほよほよっ」とあっち向いたり、「バタバタっ」とパグ走りをすると、追い切れませんが、毎日を楽しく過ごしています〜。


(父)

==================================

● ごまも参加しています♪

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村