読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6ヶ月になりました

7月末の約1週間、私達が海外旅行で留守にしている間に、ごまはちょうど6ヶ月の月誕生日を迎えました。

今回、ごまは初めてのペットホテルお泊りに挑戦。これまでは何か不在の用事があるとごまのおばあちゃん(人間ですよ)宅に預かってもらっていたのですが、少しずつ見知らぬワンちゃんと触れ合う機会を持たせよう、という社会化訓練の意味もあって、ホテルにお願いしたというわけでした。

お泊り期間中、毎日朝晩送っていただいた写真付メールを見ると、ごまはスタッフの方々にたくさんかわいがってもらい、お友達のワンちゃんもできたようで、元気いっぱいだった様子。さすが大物!と旅行先でも感心していた私達ですが、やはり初めての環境で緊張があったためか、またしてもごはんを食べなかったりしているのを見て少し心配に…。

帰りの道中も、「もうすぐごまに会えるね!」「早くごまに会いたいね!」と口々に言い合う私達。本当に親バカです。

夕方、ホテルから戻ってきたごまは、直前のシャンプーのおかげでツヤツヤのぴかぴか!とっても元気でホッとしましたが、留守の間になんとなく表情が大人びていたごま。

あまり大騒ぎもせず、大げさに甘えることもなく、ひとりで静かにおもちゃで遊ぶごまに、「すっかり大人になっちゃって…」と感心したのもあり、どことなく寂しかったのもあり。

「もう6ヶ月だし、子犬の時代もそろそろ終わりなのかな」と思っていたのですが、帰宅から二日経ったごまは、すっかり元の超・甘ったれに逆戻り。

赤ちゃんっぽい表情で、何かにつけて鼻を鳴らしては甘え、抱っこをせがんでは膝に顔を埋めてくるごまちゃんが完全に復活してしまいました。あらららー、と呆れながらも、心の底では嬉しい私。

そして、帰宅した夜から食欲も完全復活。ちょっぴり痩せてしまった分まで取り戻そうとするように、むしゃむしゃとがっついて食べています。

きっとごまはごまなりに、初めての環境という重圧の中、ひとりで気を張っていたんだろうなー、と思うと、切ないやら愛おしいやら…。本当に、よく頑張ったね、ごま!


こんな感じで、体も心もどんどん成長しているごまですが、まだもう少し、かわいい子犬の日々を楽しませてもらえそうです。



今日から歯みがき練習中のごま。
どこを触られても基本的に全く動じないところは、やっぱり大物か。

(母)