読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごまのいびき

たった今、ベッドで爆睡中のごまから、いまだかつてないいびきが部屋に響き渡っております。

「ふごーーーーーっ、しゅぴーっ、ふごーーーーーっ、しゅぴーっ」という軽快なリズム。合間合間に時折「くえーーーっ」と変な鼻息が混ざります。その音といったらまるで、酔っ払って寝込んだおっさんのよう。「実はアルコールくさいんじゃないのか?」と真剣に思ってしまいそうな、迫力満点のいびきです。

こらこら、キミは紛れもなくまだ小さな女の子なのだよ、ごま!そんなおっさんくさいパグに育てた覚えはありませんよっ!

そして、近頃のごまは、起きているとき、何かにつけて「ブヒッ」「ブヒーーッ」と鼻を鳴らすようにもなってきました。抱き上げたときや、甘えかかるときほどさらに「ブヒブヒ」言っているような気もします。

全くもう、うちは子パグは飼ったけれども子ブタを飼った覚えはありませんよっ!


こんな感じで寝ても覚めてもブウブウ言ってばかりのごまですが、こんなところが実はパグの大きな魅力。他の犬種を飼っている人に「パグはいびきをかくんですよ」と言うと驚かれることがあるのですが、鼻がぺちゃんこなのでいびきをかくのも当たり前。

ちょっぴり騒々しくても、これこそいかにもパグ!って感じで、ごまのリズミカルな、そしてけたたましいいびきを聞くと、いつもなんだか愛おしくなってしまうのでした。


ぐっすりおやすみ、ごま。
(母)