読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごまのお散歩レポート

最近なんだか暑いな〜。歩くとすぐ暑くなっちゃうの〜。歳かしら・・・。(ごまはまだ月齢5ヶ月で〜す)

息がすぐにあがってしまうの〜。のどもかわくし〜。あっ、パパそんなに早く行かないで〜。(まるでおしりに磁石がついているように地面に座り込むごま)

よ〜し、がんばって行くぞ〜。(っと思い出したようにスタスタ歩く・・・)

あっ。誰かの匂いだ。クンクン・・・(この時間が執拗に長い・・・雨が少ないから匂うのかな?)

「ごま、駄目っ。行くよっ。」(とはパパの声)

もうちょっと、もうちょっと。私なんだかお腹のあたりが重いの〜。

あっ、こんなところに何か着いている。

「ごま、駄目。匂いかぐならこっちにしなさい。」(ふたたびパパ)

あっ、あっちの方に草があるよ〜。匂いかぎたい。(ぐいぐいぐいっと引っ張る。)

「駄目。こっち。」(パパ)

・・・(くるくる回っています・・・)

・・・(場所を少し移動してくるくる回っています・・・)

『うんちするなんてどこでも同じだろう?』(パパのつぶやき)

・・・(場所を変えて再びくるくる・・・)

う〜ん、出ない。あっ、もう行くの?

行っちゃうんだ〜。(っとしぶしぶスタスタ歩く)

あっ、坂道。パパ〜、競争しない?(いつも上目で要求します・・・)

ズタズダズタ・・・、ハァハァハァ・・・。ズタズダズタ・・・、ハァハァハァ・・・。

もう疲れた〜。ちょっと待って・・・。

『だんだん暑くなってきました。鼻ペチャ・パグのお散歩は大変です・・・。(パパ談)』